そろそろ、視点を変えたSNSの活用の仕方を考える時代になってきました。

2014年1月16日 (BWWからのお知らせ)

数年も前の話ですが、海外でfacebookが大流行りした頃に、

私たち日本人は「実名だからあれはちょっと使いたくないな?」などと

ネガティブな声が多くありました。

どちらかというと欧米人のようなオープンな性格ではなく

クローズドな人種なので、

匿名で遊べるTwitterのほうが合っていたのかも知れません。

ところがミルミルうちにfacebook派が増えてきました。

確かに、ビジネス用SMSと考えると、実名でつぶやくほうが誠実だし、

シゴトにも直結しやすいといったメリットがあります。

ワケの分からない相手とやりとりするのに対して、

素性が分かってる安心感がありますよね。

といった具合に、色々なソーシャルネットワークサービスを、

上手に使い分けをしている人は多いのではないでしょうか。


WEBデザインのシゴトをしていますと

「facebookページやTwetterをつくりたいけど、

やり方が分からないから設置代行してぇ?」という

依頼はそこそこあります。

その一方でここ最近、「ウチのWEBサイトの別館として

SNSの機能を持たせたいんだけど…」といった声が

チラホラと聞こえ始めました。

それは、facebookページやTwetterと連動させるとか、

そういうことではなく、あくまでも専用のSNSを!という話です。

リアル店舗のみならず、

WEB上でもお客様とコミュニケーションを図りながら、

お客様会員専用のお得情報を提供するなどし、

ユーザーの囲い込みを!そんな策として活用する考えです。
多くの人がfacebookページやTwetterに走る中で、

視点を変えてちゃんと販促的なSNSを

視野にいれることができる経営陣は素晴らしいですね。